ROVO presents MDT FESTIVAL 2011

2011/05/22

野音に着いたらもっすごい土砂降り。
いちおコロンビアのカッパとゴアのシューズで雨対策して行ったけどあまりの寒さにテンションだだ下がり。

ZAZEN BOYS も七尾旅人も良かったけど、雨がしんどくて半分固まってました。

が。ROVOが始まる直前に雨が止み、空がオレンジ色に光り始めた。

ああーやっぱり来て良かった!と思ったのは綺麗で優雅な新曲を聴いてるとき。すごい高いところまで連れて行ってくれそうで、もう何も考えずオレンジの空を仰ぎながら音に身を任せていました。

最後のREOMも気持ち良かったなぁ!久々に踊った!超たのしかった!たのしいってことやっと思い出した!

どんなことがあっても変わらない職人の仕事ぶりを見てなんだかほっとしました。
このライブを見て、ずっと停滞していたものが動き出したような、目の前の霧が晴れてきたような、私の中でひとつ区切りができた気がする。そして、ROVOから確かに「受け取った」と感じました。それを大切にしていこうー

最後の最後に勝井さんが「しぶとく生き残っていこうよ」「俺も頑張って音楽続けていくから」と言っていました。涙声だったような…

Comments are closed.