ネイチャー・センス展

2010/11/06

ネイチャーセンス展ネイチャー・センス展:日本の自然知覚力を考える3人のインスタレーション
@森美術館

ドラマチックな演出と大きな装置で圧巻だった吉岡徳仁。

地中から地上へ、地上から海底へ、その境目を体感させてくれた栗林隆。

都会ではもはやビルや高速道路も自然の一部、という篠田太郎。

3人3様の自然観。どの作品もロマンチックで温かいものでした。「自然」には「時間」も含まれるんだなーという気もしたり。


都会の真ん中それも高層ビル53階にある美術館で自然をテーマにした展覧会というのも面白いと思いました。

吉岡徳仁 《snow》


篠田太郎 《忘却の模型》


栗林隆 《ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)》

Comments are closed.