山口晃展 付り澱エンナーレ

2013/05/05

山口晃展
山口晃展 付り澱エンナーレ 老若男女ご覧あれ
@そごう美術館

今回もプッと笑ってしまう作品が盛りだくさんでした。
時空を超えたオーパーツ的なものを綿密に書き込む作品は、少年の無限の想像力を感じてしまいます。
先日見たパラモデルの設計図もそうだけど、こうゆうのって男子の得意分野だよなー、と。

ジーっと真顔で見てたお客さんがパッと笑顔になる瞬間が面白い。
山口作品の、人を化かすような、煙に巻くような、そしてちょっととぼけてるようなところが好きです。

画家山口晃の現代アート作品、写真、画像集(NAVERまとめ)

今回はドローイングの他に立体作品や映像作品などもあり、いろんなかたちで山口さんのユーモアセンスを鑑賞できました。

山口晃による一人国際展「山愚痴屋澱エンナーレ2013」も同時開催。
(横浜トリエンナーレに掛けてるのかと。)
入り口ではちゃんとパンフが配られ、実行委員長山口晃氏による挨拶文があり、山口晃によるコンテンポラリーな作品があれこれ並んでいます。
芸人さんのネタのような感覚でリラックスして楽しめました。
(標識の新解釈はちょっとベタだったような…)

後半、エルメスで見た《Tokio山水》が!
これからも加筆されていくとのことだったけどどこか増えたのかな?
まだまだ書きかけっぽいので、広がっていくTokioをまたどこかで見られるかも。

そうそう、地方紙で連載されている五木寛之「親鸞」の挿画もあったのだけどこれが面白いー!
静岡新聞の連載小説の挿し絵が凄いと話題に(NAVERまとめ)
講談社BOOK倶楽部:五木寛之 小説『親鸞』 | 山口晃制作ノート
…もう「漫画で読む親鸞」とか作ってくれないかしら。

Comments are closed.