さわひらき展「Lineament」

2012/05/01


さわひらき展「Lineament」 資生堂ギャラリー

昼寝から目覚めると一切の記憶を喪失していたという友人の体験をきっかけに作られた《Figment》。
ほどけた記憶の糸と、ほどけたレコードの溝。
美しい映像と音楽(途中から逆回転になるのだけど)がとても不安な気持ちにさせる作品でした。


人は記憶の蓄積で作られていて、そのデータベースが壊れてしまったらもう同じ人ではないんだろうな。

バックアップの取れない人間の記憶。
なんて脆くて儚いんだろうー

今までのさわさんの、動物や飛行機のゆったり幻想的な映像と違って、現実的で見ていて切なくなる作品でした。
(ご友人は回復したのかな…)

Comments are closed.