横浜トリエンナーレ2011(日本郵船海岸通倉庫)

2011/11/06

日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)での展示。
最終日ということもあってギュウギュウでした。

DEWAR&GICQUEL
デワール&ジッケル 《untittled》
新・港村でみたエアリーな象とは対照的なものすごい質量を感じるカバ。
実際、20tもの粘土を使って作られたそうです。



山下麻衣+小林直人 《大地からスプーンを生み出す》
海辺で砂鉄を集め、その砂鉄から1本のスプーンを作る課程を追った映像。
スクリーンの前には砂山、そしててっぺんには作られたスプーン。
大地の恵み、というと野菜・くだものを想像しがちだけど鋳物だって作れるんだ。



落合多武 《ひっ掻き血、または猫彫刻》
無造作に置かれた木の箱。よく見ると猫たちに付けられた傷や毛。
その課程を映したビデオ。そして鍵盤に横たわるシャム猫人形。
人間と猫のコラボ作品!



ヘンリック・ホーカンソン 《倒れた森》
倒れてるけど葉は青々としています。



シガリット・ランダウ 《棘のある塩のランプ》
イスラエル出身のランダウ。
有刺鉄線を死海に沈め、塩を結晶させています。
悲しく美しい作品でした。



ジュン・グエン=ハツシバ 《呼吸することは自由12,756.3:日本。希望と再生1.789》
GPSを装着した作家自身やボランティアたちがホーチミンや横浜を走り、
その軌跡の記録が桜の花として浮かび上がるドローイング。
震災時ホーチミンにいた私たちにベトナム人はお見舞いの言葉をかけてくれました。
その時のお互いの想いが桜という姿になり花開いていくようで涙が溢れてきました。



クリスチャン・マークレー 《The Clock》
様々な映画の時計が出てくるシーンを繋ぎ合わせて作られた24時間の映像作品。
もちろん現実世界の時間と同期させてあります。
あちこちで絶賛されていて「時計のシーンなのにそんなに面白いの??」と
思っていたのですが見始めたら止まらなくて閉館まで居座ってしまった。
会期中、1度だけ24時間上映会が行われたそうです。


会場を出るときスタッフから「また3年後に会いましょうー!」との声が。
その言葉に、当たり前が当たり前じゃなくなった年の横トリだったんだなぁと改めて。
3年後、無事に、開催できるといいな。

Comments are closed.