Archive for 2月, 2011

宮島達男 Time Passage

2011/02/26

宮島達男 《Time Passage》


@東京オペラシティー

みえないちから

2011/02/26

みえないちから展 @ICC
人間の知覚を超えたあらゆる「ちから」をテーマにした展覧会。

歪んだレーザー光線がゆっくり形を変えていく白い部屋、志水児王の 《クライゼンフラスコ》 が目には見えない磁力や重力ぽくてまさに「見えないちから」の可視化だなーと思いました。

志水児王 《クライゼンフラスコ》


時間と場所を分かち1つの映像を作り(それも観客参加型)Ust配信までしたエキソニモ 《SUPERNATURAL》 には興奮!カメラの前で大はしゃぎして遊んでしまったのは遠い昔のエレグラ以来だわ。

エキソニモ 《SUPERNATURAL》


ドイツの映像作家オスカー・フィッシンガーの作品をスクリーンで見れたのは良かった!
まだCGなんてない1930年代、コマ撮りで作ったアニメーションを音楽に同期させ、おそらく世界で初めて「音楽」を「見せた」人ではないでしょうか。

オスカー・フィッシンガー 《サークル》


この展覧会の目玉(?)フォルマント兄弟の 《フォルマント兄弟の“お化け屋敷”》 は予約制で定員オーバーになってしまって見れず…残念無念。。。

MOS CAFE

2011/02/26

銀座のモスカフェでランチ。

ジャークチキンバーガー
モスカフェ限定「ジャークチキンバーガー」!
スパイシーなチキンと新鮮野菜を頬張ったあとは

カップケーキ
ピスタチオとチョコのカップケーキ。
カップケーキは8種類あって迷いに迷ってこれに決めました。

HERMES × パラモデル

2011/02/26


メゾンエルメスのウィンドウディスプレイをパラモデルが担当!
彼らのルーツである東大阪の町工場を再現したかのような工房ができていました。
アナログな機械やキャビネットの中にエルメスの製品が置かれていて、「職人による手仕事」を連想させます。

「雪」 曽根裕展

2011/02/26

「雪」 曽根 裕展Snow by Yutaka Sone
@メゾンエルメス

大きな水晶を彫って作られた大きな雪の結晶。
外壁のガラスブロックと相まって氷の世界にいるような感覚にさせてくれます。

大理石を彫って作られた冬のスキー場の向こうの壁には、夏のスキー場を描いた絵が掛けてありました。そこだけ雪解け。

福島の豪雪地帯(会津)で過ごした6〜8歳の頃、粉雪を虫眼鏡で見るのが好きでした。

雪が遠い存在になってしまった今は、冬の飛行機で凍り付いていく窓に出来る結晶を見るのが楽しみです。

Pages: 1 2 3 Next