Archive for 11月, 2008

横浜トリエンナーレ2008 大巻伸嗣 《Memorial Rebirth》

2008/11/30

大巻伸嗣さんによるシャボン玉パフォーマンス。
大人も子供も鳥も犬も大ハシャギ☆

大桟橋や中華街でも行われていたそうです。








写真撮ってるのが大巻さん。

かもめ

2008/11/30

Related Posts:

横浜トリエンナーレ2008(三渓園)

2008/11/29

三渓園は実業家で茶人でもあった原三溪(富太郎)が作った広大な庭園。
国の名勝にも選定されています。

中谷芙二子 《雨月物語−懸崖の滝 Foggalls #47670》
霧のインスタレーション。
美しい庭園がさらに幻想的な景色になり、どこにいるのか忘れるほど。






三渓園は重要文化財建造物も何棟か移築してあるのですが、そのひとつ旧矢箆原家住宅(白川郷の合掌造り)でダンスパフォーマンスが行われていました。
ティノ・セーガル振り付けによるパフォーマンス《Kiss》。
男女がゆっくりと時に激しく絡みあう官能的なダンス。
BGMもなにもなく、聞こえるのは二人の息遣いと畳を擦る音。
その音がすごくエロティックでした。日本文学を読んでるような…

旧矢箆原家住宅

旧矢箆原家住宅



横笛庵には、内藤礼の作品《無題(母型)》。
天井から吊るされた一本の糸。
床にはコンロが置かれ空気を温めています。

内藤礼

内藤礼 《無題(母型)》




ホルヘ・マキ とエドガルド・ルドニツキーの《薄明》 は旧東慶寺仏殿にて。
真っ暗な仏殿の中、20分かけて電球が室内を横切るように降りていきます。

旧東慶寺仏殿


ホルヘ・マキ とエドガルド・ルドニツキー 《薄明》



三渓園での展示は庭園自体がすでに非日常なこともあって、作品にどっぷり浸ることができました。


のびアニキの家

2008/11/23

ルーフトップパラダイス期間中はBankART 桜荘で寝泊まりしているというのびアニキ
「寝る」こともパフォーマンスとして公開しているというので、23時過ぎ、電車に乗って黄金町へ。

ひときわ明るいBankART桜荘。 のびアニキの寝姿は…



あれ? いない? 22時には桜荘にいると聞いてたのにー。


せっかく来たので窓越しに観察してから帰りました。

生活感なさそうでありそうで。
ずらっと並んだ黄色シャツ、半ズボンが可愛い。
テレビが置いてあるけど何見るんだろうー(やっぱドラえもん?)

床には磯崎道佳さんの「ぞうきんしろくま」「ぞうきんきりん」
天井は淺井祐介さんの「花天井」


のびアニキと一緒に夕食を食べる会もあるみたいです。
おかず持ち寄りで。(サバは苦手らしい)
豚の紅茶煮持っておじゃましたいなぁ☆

ジョエル・ロブションのプリン

2008/11/19


タカナシ乳業から発売されたジョエル・ロブションのプリン。
315円で食べられるロブション、「これぞプリン!」という正統派プリンです。

去年の初めくらいにFoodies TVの「シェフ列伝」という番組で、このプリンの開発について取材していました。その時点で5年前から商品開発をしていると言っていたので、かれこれ6年越し?のプリンです。

ちょっと前に大流行した生クリーム入りのなめらか系・とろける系のプリンに「これはクレームブリュレでしょ」と突っ込んでいたのですが、ロブションのプリンは牛乳・卵・砂糖というシンプルな材料で丁寧に作られた、噛み締めたくなる本物の極上プリン!

手土産にも使えそうです。(パッケージ開けにくいけど)

Pages: 1 2 3 Next