Archive for 2月, 2005

猪熊弦一郎現代美術館

2005/02/13


猪熊弦一郎現代美術館

1991年に谷口吉生の設計で建てられた猪熊作品の常設展&企画展を行っている美術館。

外壁には猪熊画伯の動物たちの絵。
中の展示室はミニマルでモダンな空間でした。

猪熊弦一郎の奥さんは大のネコ好きで、家には何匹もの猫がいたらしい。
ゆえにネコを描いた作品も多くて、ミュージアムショップではネコシールやらネコポストカードをごっそりお買い上げしてしまいました。

草間彌生「南瓜」

2005/02/12


家プロジェクト

2005/02/12

香川 直島 本村地区

家プロジェクトとは本村地区の古い民家やその跡地を利用して、アート作品を展開していくプロジェクト。古い民家を伝統的な建築物として元通りに修復するのではなく、建物を丸ごと「現代を捉えるための作品」として再生しています。

宮島達男の「角屋(かどや)」、ジェームズ・タレルの「南寺(みなみでら)」、杉本博司の「護王神社(ごおうじんじゃ)」、内藤礼の「きんざ」と全4作品。

宮島達男「角屋」


LEDを使ったデジタル数字の作品があります。
島民が参加しての作品です。

ジェームズ・タレル「南寺」


設計は安藤忠雄。
内部は真っ暗でタレルの「光」を使った体験型アートがあります。

杉本博司「護王神社」


実際に神事に使われる神社。
ガラスの階段、そして内部から外へ出るときが素敵でした。

内藤礼の「ぎんざ」は去年の台風で被害を受け、今は修復中とのことで見学はできませんでした。残念!

ベネッセハウス

2005/02/11

香川県 直島

安藤忠雄設計の現代アート美術館とホテルが融合した施設。

宿泊するとアートと寝食を共にできます。
夜、静かにじっくり作品を堪能できるのはほんと贅沢!

水が張られた楕円の空間はこれぞ安藤建築!て感じです。


地中美術館

2005/02/11


香川県 直島

安藤忠雄設計の美術館。
その名前のとおり、建物は開口部以外はすべて地中に埋められています。
美術館の外観によって山の稜線を崩すのを避けるためで、
「自然・建築・アートの共生」を具現したアイコン的施設になっています。
地中だからこそ可能だった「三角コート」のスリットは必見!

所蔵作品はクロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレル。
一番感動したのはモネの部屋。雲にかくれていた太陽が顔を出したとき、鳥肌が立ってしまった。

Pages: 1 2 Next