Archive for 6月, 2004

カフェトスカ ランチビュッフェ

2004/06/29

パンパシフィックホテルにあるレストラン「カフェトスカ」のランチビュッフェに行ってきました。

夜しか来たことなかったから、昼間の自然光たっぷりの開放感にちょっとハシャギ気味。高い天井に椰子の木、大きな窓からベイブリッジと観覧車が見えてすごく気持ちいい!

チョイスしたのはチキンと温野菜のサラダ、魚のソテー、ピザ、ミラノ風カツレツなど。
美味しいし、その場でシェフが作ってくれるものもあるから見てて楽しい☆

キャー!あこがれの「チーズ樽」がある!!

中をくりぬいたパルミジャーノの中で、ソースとパスタを絡めてくれます。


テレビでしか見たことなかったから感激☆☆☆
チーズ樽で和えられたカルボナーラは芳醇な香りでほんっと美味しい!
もうあの樽の中で溺れたい。

登川誠仁 民謡ショー @よみうりホール

2004/06/27

「ナビィの恋」観てからずっと聴きたかったおじぃの唄。
乾いた三線の音が弾かれて、おじぃの優しくて哀愁が漂う歌声が乗る。すごく繊細、それでいて力強さもある。沖縄民謡ってなんていうか心臓をつかまれて訴えてくるような、ソウルフルな音楽だと思う。

MC(?)では「こういう弾き方は僕が最初に始めたんです」
みたいなことを何回か言っていました。
沖縄民謡界での革命児だったみたいです。
途中あまりにも心地よすぎてウトウトしてしまったけど、
最後はカチャーシー踊って盛り上がりました。

氷コーヒー

2004/06/22


小粒の製氷皿にお湯で溶いたインスタントコーヒーを凍らせ、グラスに入れて牛乳を注げば完成!
私はコーヒーを作る時点で砂糖を入れて、ほんのり甘くしてます。
氷コーヒーを溶かしながらしゃりしゃり食べるのがウマイです。
この味なんかに似てると思ったらパピコ!
最近食べてないなぁ。

HOTEL ReChampur

2004/06/18

Blue Asiaのリミックスアルバム。チャンプルーとは東南アジアの言葉で”混ぜる”の意。(沖縄にも同じ言葉あるけど)

このアルバムの2曲目が聴きたいがために買いました。
タイトルは「MONKEY FOREST」。
バリ島山間部の村ウブドにある、その名の通り野生の猿に会える森です。

この曲はウブドで見た景色とか匂いがぎゅっと詰まっている曲。

活気のある市場、強引な客引き、照り付く太陽、あちこちに置かれているチャナン、人間と共生している野良犬、道に開いている大穴、バイクと車の排ガス、遠くから聞こえるガムランの音…この混沌が、聴くたびに色鮮やかに甦ってきます。

スウェーデン Update – デザインエキスプレス展

2004/06/12

毎年2月に開催される北欧最大の家具見本市「ストックホルム・ファニチャーフェア」。
今年のファニチャフェアからの新作数点が展示されるというのでスウェーデン大使館へやって来ました。

同時開催される「ミッドサマーKafé」ではスウェーデンのライトフードとドリンクが楽しめるそうで、そっちも楽しみ!(てか、あたし的にはKafeがメイン?)

会場は大使館内のエキシビションホール。


明るい吹き抜けに白木が北欧らしい。
家具・テーブルウェアを見つつも、気になるのがポスター(↑上のポスターもそう)。
壁のあちこちにスウェーデンの風景写真のポスターが展示してあるんだけど、この風景がどうもミニチュアっぽく見える。周りのお客さんたちも「本物かなぁ?」と不思議そうに見ています。
聞くところによるとカメラマンは日本人の本城直季さん。
都市の風景をあたかも模型っぽく撮る手法で、最近広告業界でも注目されてる若手カメラマンとのこと。要チェキです。

さてお楽しみミッドサマーカフェ!

居心地良くて大使館てことを忘れそうです。


にしんのサンドイッチ(トートバッグ付きだったのでつい)と、
ミートボールとポテトグラタンのオーブン焼き。


オーブン焼きは、タマネギの中をくりぬいて、ミートボールとじゃがいも、ホワイトソースを流し込んでオーブンでタマネギが柔らかくなるまで加熱、フライドオニオンをかけてできあがり、という料理です(多分)。ミートボールはスウェーデンの伝統料理。熱々&クリーミーで美味しかったです。

デザイン関連資料もフリーのものはもらえるだけもらってきました。(貧乏根性)
グッドデザインの宝庫スウェーデンにしばらくはまりそうです。