Archive for 7月, 2003

FUJI ROCK FESTIVAL’03

2003/07/26

越後湯沢の宿だったので苗場まで来るのにえらいこと時間かかってしまった。

雨があがってタイラーメンもうまい!


まず電撃ネットワークでウォーミングアップ。南部さん元気です。
その後はごはん食べたりビール飲んだりしてASIAN DUB FOUNDATION!
「Rise to the Challenge」でハジケまくりました。

ボードウォークで去年作ったフジロック部のボード発見!
(泥で読みにくくなっちゃってるけど)


ヘブンに着く頃にはオブジェが拡がってまさに天国へ続く道☆


ヘブンに着くとちょうど和太鼓集団Gocoo(ゴクウ)のライブが始まりました。
なんかもう太鼓の迫力に圧倒。すごいなー。血が騒ぐ感じ。
リーダーの淺野香さんの言った「私たちは、太古の時代から、こうして自然の中で祭りを続けてきたんだね」という言葉にぐっときてしまった。私がフジロックが好きでたまらないのは、そうゆう祭りの記憶が流れてるからなのか?

グリーンとホワイトの間にある「ところ天国」。
ここのカシスオレンジは生オレンジを搾って入れてくれるので
果肉も入ってベリーデリシャス♪


プライマルが終わる頃からまた雨が。長ーいインターバルの後は98年フジロックで観て以来のBjork!両耳に大きなブルーの花を付けて、白いもこもこドレスで登場。今回は生ストリングスに加えてハープもあります。

前半は静かめな曲、後半は踊れる曲が続きました。ステージのスクリーンに映像が映し出されたり、火柱があがったり演出もすごかった。でもやっぱり歌がすごい!完璧!ほんとプロの仕事というより歌うために存在しているというか。ダンスもカワイイ!

Hypaer-balladのサビ、♪I go through all this?の所でステージ両脇から花火が!そこからPlutoまで一気に踊りまくって、アンコール2回。2回目のアンコールでは蝶になって登場。蝶よ、蝶! Bjork羽ばたいてる!すごいよ、やっぱりビョークだよ!!「Thank you, DOMO ARIGATO」と笑顔も見せてくれました。ビヨークっていつも怒ってるイメージがあるから笑顔を見れるとほっとする。

最後の曲は私の大好きなHuman behaviour!
花火が涙で歪んで見えたよ。

3日目はすっこーんと晴天!後ろ髪引かれながら帰路に就きました。

FUJI ROCK FESTIVAL’03

2003/07/25

今回は前2日間の参加。

梅雨明けもまだということで今までにない重装備で挑みました。
そんな準備の甲斐あって、雨の中、意外と快適に動き回ることができて、私って結構アウトドアいける?とか勘違いしそうになりました。

初年度以来の雨のフジロック。初日は雨が降ったり止んだり。


色とりどりのカッパの花。
川は泥になったスニーカーを洗う人たちで賑わってます。


てるてる坊主の力及ばず…今日はずっと雨みたいです。


ヘブンで観たUA。ゆったりした曲が多かった。「今日は太陽が出ていないけど、次は太陽の歌です。」と、BRUTUS企画の島唄「太陽ぬ落てぃまぐれ節」を披露。うわ、すごいヘブンにぴったり!

MACEY GRAYは唄ってる途中でアフロのヅラが落ちちゃってこれはネタ?ハプニング? どうリアクションすればいいのか困りました。でもカッパ姿で泥だらけのオーディエンスに向かって「beautiful people!!」と言ってくれて嬉しかった。

初日グリーンのトリはunderworld!

Mo Moveから始まって Rez/Cowgirlと来てTwo Months Off!
霧雨の中、足元は水溜まりで、これってPVのシチュエーションじゃん?
カッパだけど、長靴だけど、我を忘れて踊りまくり。

カールもかなりご機嫌で踊り狂っていた。「Thank you,ARIGATO.」「Fantastic Japan!」「Good vibration!」と何回も言ってた。山肌を走るレーザー光線も幻想的。

終盤すっかり雨もあがって「Happy party people, Do you like party?」というカールの言葉でBorn Slippy!!!!アンコールはMoaner。カールはリップサービスも絶好調で、ステージを去る時、何度も何度も「Thank you,party people! Happy people! Fantastic!!」と言ってくれて、嬉し泣きしながらダイスケユミコ夫妻とハイタッチ。

超Happyな夜でした。(つづく)