Archive for 2月, 1998

フィフス・エレメント

1998/02/21

あちこちで酷評されてるけど大っ好きな映画です。

あのリュック・ベッソンが創るSF超大作!とのフレコミだったけど、実際はB級テイストで気楽に観れるSF話。かといってチープにならないのは、ビジュアルと音楽が素晴らしいからだと思いました。

映画を見始めてまず、リールーに一目惚れ!
タクシーに落ちてきた時は怯えて子鹿のように震えてたのに、コーベンと話してるうちにぱっと表情が明るくなっていく。超カワイイ!!

この映画のファッションはすべてJPゴルチェが担当。ポップだけどエレガントでセクシーな衣裳に釘付けです。
さらに!スーパーモデルのEve Salvailがカメオ出演!ショウでしか見たことなかったからスゴイ嬉しかった。頭に入れ墨を入れてるゴルチェの秘蔵っ子。超COOOOL GIRLなのです。私が知らないだけで実はちょこちょこ「あっ!」ていう人が出てたのかも。

この作品はベッソンがインディーの頃憧れた映画たちへのオマージュで、趣味とお遊びの世界だったように思う。(公開後リールー役のミラ・ジョヴォヴィッチと結婚したというオチまで付けてくれたし。)そのお遊びに付き合ったブルース・ウィリスもゲイリー・オールドマンもイアン・ホルムもすごく楽しそうに見えました。よ。

グルーヴ地獄V

1998/02/01

最近はまっている「グルーヴ地獄V」。

電気グルーヴ製作のプレステ用ゲームで、いろんなミニゲームをクリアしていくと「音」が入ったカプセルがもらえて、それを集めるとDJプレイができるというもの。

小ネタ満載、パクリ満載、くだらなくて馬鹿馬鹿しくてナンセンス。

でも!
DJミキサーは子供だましかと思いきや結構本格的にできて、卓球のこだわりを感じました。

私は通行人調査と心霊写真鑑定が好きです。
ま、くだらないんだけどさ。