Archive for the ‘FUJI ROCK FESTIVAL’ Category

FUJI ROCK FESTIVAL’09

2009/07/26

2年ぶりのフジロック。
今年は3日目(最終日)だけの参加です。

フジロック'09

キヨシローさんの「田舎へ行こう」を自転車発電で流そう!


入場ゲートをくぐると忌野清志郎さんのうさぎバルーン!
フジロックのテーマ曲「田舎へ行こう!」が迎えてくれました。

天気は曇り。
時々日が差してかなり暑い!
グリーン後方のいつもの場所にシートを敷いて小休止していると、COBRA STARSHIPが
1曲終わる毎に「ニホンダイスキ! So much!!!」と言いながら芸人さんのギャグを連発していました。ほんとに日本が好きみたいでした。


チーズバーガー、猫Tシャツ、ぐるぐるウィンナー


ところ天国の「天国チーズバーガー」絶品!チーズが美味しいー!
朝霧食堂のぐるぐるウィンナーは超ジューシーでハイネケンは冷え冷えで最高ー☆
川原でPOLYSICSを聴きながら食べました。

初日は雨で増水して大変なことになってた川も元通り




ヘブンでDachambo


Dachamboは1曲目からピカデリアだったよ! ずっとヘブンで聴きたかった!


ホワイトで DE DE MOUSE。
アルバムは持ってるけどライブは初めて。ツインドラム大好き!
…て、うわー!
なんかイメージしてた人と違うんだけど!
あの動き!あの目線!あのテンション!あのTシャツ!もう彼に釘付け!彼のトリコ!
彼に夢中になってたら大粒の雨が降ってきて急いでレインウェアを着用。
フードに当たる雨の音とDE DEの音が混ざって自分だけの不思議な世界が心地良かった。


ヘブンでROVO!
辺りが徐々に薄暗くなっていく中、雲の切れ間から見えた光る空が綺麗でREOMのドラマチックな展開にぴったりでした。JINさんのジャンプが素敵。ドラムセッションも鳥肌!

田んぼと化したオレンジコートに移動して渋さ知ズオーケストラ。
渋さ見るの何年ぶりだろうー?
相変わらずの派手なステージで、もうオレンジにいるお客さん全員踊ってたね!
私の後ろにいた男子たちが渋さ初体験らしく「すげー!ダンサーがいる!真っ白い人がいる!指揮者がいる!!」と終始驚いていました。ようこそ渋さワールドへ☆
途中から勝井さん・芳垣さんも加わってラストは本田工務店!
踊りまくり跳ねまくりで頭真っ白…

ヘブンでインディアンタコスをぱくつきながら聴いたTHE DISCO BISCUITS もかなりやばい!


RÖYKSOPP。
ホワイトの大トリだよーすごい。
新旧まんべんなくやってくれてすごい踊れました。
Only This Moment の時、ふと空を見上げたらいつの間にか星空に!
思わず涙ぐんでしまった…。フジロックってほんと劇的なことがおこるね。
ロイクソップのみならずゲストボーカルまで衣装やダンスで楽しませてくれました。
なんかもうライオンキングみたいになってました。

グリーンに戻るとBASEMENT JAXXXXXXXX!!!!!!
完璧なステージ! クロージングにふさわしいものすっっごいショウでした。
足が棒のようでシートでゆらゆら聴いてたのですが…
ラストのWhere’s Your Head At は我慢できず踊りまくりました。


レッドマーキーから聞こえてくるSONNY J をBGMにゴハン食べて(苗場食堂の具だくさん味噌汁が超美味☆)、THE JAPANESE POPSTARS、卓球で少し踊って、4時にはシャトルバス乗り場に。もうぐったり。

キヨシローさんが帰ってくるのはお盆じゃなくフジロックの3日間な気がするよ。


またね。シーユー。

駐車場へ行く途中、本田工務店を熱唱しながら歩いてるガイジンさん集団を目撃。さすが渋さ…。

あっ 今年もパレスの前にTRFがいました。人数が増えてて旗振ってました。

リストバンド
フジロック煎餅笹だんご

フジロック煎餅と笹だんご

FUJI ROCK FESTIVAL’07

2007/07/28


8時の新幹線でフジロックへ。

天国バーガーフジロックどら焼き

ところ天国の天国バーガーとフジロックどら焼き。


フィールドオブヘブン。窯焼きピザが美味しかった。


見れたのはオオヤユウスケ、Dachambo、iLL、Beastie Boys(途中まで)、SPACE COWBOY、SIMIAN MOBILE DISCO。

SPACE COWBOYはPCの調子が悪いらしく音がブチブチ切れて全然踊れない。
周りのひとたちも足が止まってました。

SPACE COWBOYがいまいちだった分、SIMIAN MOBILE DISCOは大盛り上がりで楽しかった。

卓球が始まる前に力尽きてしまって草むらに倒れ込んでました。
木の根っこを枕に、ごみ袋を布団に、意識がモウロウとするなか聞こえてきたのがThe Rising Suns。この曲好きなのにー。なんで今かけるかね。

JUSTICEのD.A.N.C.Eもすごい盛り上がってました。

その後復活して明るくなるまで岩盤で踊って8時の新幹線で帰宅。
濃いー24 時間でした。

FUJI ROCK FESTIVAL’06

2006/07/29


29日だけの参加。
あいにくの雨だったけどフェスごはん食べまくって乗り切りました。

JUNIOR SENIOR 超ハッピー!
途中でグリーンステージ(電気グルーヴ)に流れる人が多かったけど、ジュニアくんに背中向けるなんてできなくて最後まで踊りまくってしまいました。


電気グルーヴはグリーンの人の多さにびっくり。
瀧の富士山着ぐるみがリッチになってて(ドレープが綺麗に入ってる)更にびっくり。
卓球が真剣に歌ってる姿になぜか感動してしまいました。

レッチリ少し見て、レッドマーキーの RYUKYUDISKO へ。
フジロックで RYUKYUDISKO なんて幸せ過ぎて泣きそう。
今回のライブは琉装でサージを巻いてます。今まで見たライブはTシャツ姿だったので気合いの入り方が違うみたいです。赤い太鼓がカワイイ!
途中で左の人がマイクを手にしたので、民謡歌うのっ?と期待したけど「リューキューディスコー」と繰り返すだけでした。でもちょっと照れ気味ですぐ終わってしまったのが罰ゲームっぽくて素敵でした。
南の島の弾け飛ぶ音がキラキラしてて終わるのが淋しかった…


2MANYのライブの方で少し踊って JUNKIE XL。
疲れてくたくたなのに踊らずにはいられない!TODAYがかかったときは軽く意識障害になるかと思った。周りのカイジンさんたちとハイタッチ&ハグ!COLDPLAYのTALKのミックスも良かったなぁ!TOMなんてもう回してないからね、ターンテーブルの卓の上に仁王立ちだからね。ひたすら煽ってました。

音の洪水を泳ぎ切ったような気持ちいい達成感でいっぱい。


パレス前でなぜかTRF


FUJI ROCK FESTIVAL’05

2005/07/31

2年ぶりにフジロックへ!
最終日1日だけだけど、少しでもフジロックに参加できるのは嬉しい!



突然、頭上に5機の飛行機がガーッと飛んできて
綺麗に「POCARI SWEAT」の文字を書いて飛び去っていきました。


ポカリスエットの飛行機文字はこのCMと同じ!すごい!

午前10時晴れ。このまま持ちこたえてくれればいいけど…


11時からThe Knackが始まり、シートでぼんやり聴いていたら「My Sharona」が!この曲ってこの人たちの曲だったのか!それまでシートで聴いていた人たちが一斉にうわーってステージ前に走っていったのが笑えました。


The Nnackが終わったらホワイトであふりらんぽを少し見て、ヘブン、オレンジと山奥へ行ってみました。美味しそうな物をあれこれつまんで、お昼過ぎに佐野史郎を聴きにアバロンへ。

sanchというバンドでの出演。
ステージ近くで座って聴けてゆるい空気が心地よかった。
「こんな野外で歌うのは中津川フォークジャンボリー以来」とすごい嬉しそうだった。
世界観がちょっとスガシカオっぽくてかなり引き込まれてしまいました。終盤、1曲だけ加藤紀子ちゃんがゲストボーカルで参加しボサノバ調のかわいらしい曲を披露。良かったなー佐野史?。俳優の個性的な役柄のイメージしかなかったけど、普通に音楽が大好きで、謙虚で、これから彼を見る目が変わりそうです。ライブももっと見ていたいと思いました。

佐野さんはフジロックに出れたことがすごい嬉しかったらしく、なんかのテレビでもこの日のことを嬉しそうに話していました。


食べ物・飲み物を調達しながらグリーンに戻り、シートでパクつきながらEGO-WRAPPIN’を聴き、次は初くるり。

くるりは99年に新人発掘のルーキーステージに立って、ヘブン、ホワイトと来て今年ついにグリーンステージに!最初のサウンドチェック?WORLD’S END SUPERNOVAの綺麗なコーラスが山に響いたときはちょっとキュンときてしまいました。岸田くんは素直にグリーンに立てたことの嬉しさを話していて、自分たちへのお祝いと「ばらの花」。この曲好きだから生で聴けて私も嬉しかった。なんかほんと心からおめでとう!って言いたくなるようなステージでした。

後ろにいたファンらしき女の子が「今日の岸田はイイ人過ぎてムカつく」とつぶやいていたのも面白かった。

アバロン近くの売店で見つけたかわいいシャボン玉。
オアシスではブライアンが麻雀してました。


レッドマーキーでRoyksopp。
03の時はビョークと迷って結局ビョークを見てしまったので今回が初。1曲目からすごい盛り上がり。Epleの浮遊感が気持ち良くてドラマチックなOnly This Momentのイントロは鳥肌でした。

日も落ちて小雨まで降り出したころ、MOBY!!
3年前のBLITZ公演が最高に良かったから今回フジロックで見れるのもすごい期待してたんだけど…。なんか。ちょっと。サポートメンバーの女性ボーカルが前の人から変わっいて、声質がしっくりこないばかりか音程ズレまくり。Feeling So Realなんて耳ふさいで「やめてー!」って叫びたくなったよ。でもそれ以外は踊りまくり!
Raining Againから雨が本降りになりました。


MOBYの後はNew Order。
やるかもと思っていたけどホントにやるとは!Kraftyを日本語歌詞で歌っていました。しかもスクリーンに歌詞出してくれるし!みんなで歌おうってこと?もう笑いながら「ある朝ぼくは目が覚めてー♪」って空耳の歌詞を熱唱しました。あー楽しかった。


少しPRIMAL SCREAMを見て、ごはん食べにオアシス辺りをうろついてたらレッドマーキーからWhite Stripes の Blue Orchidが聞こえてくる!ぎゃーこの曲大っ好き!とレッドマーキーに飛び込んだらアゲまくるSUGIURUMNにまんまとはまって抜け出せなくなりました。もー楽しくて楽しくて勝手にニタニタと笑顔になってしまう。

そしてMylo!
一曲目からDestroy Rock & Roll!(だよね?)
DJやるのかと思ってたらライブ形式でした。この頃になると腰が痛くて立ってるのもやっとだったのにどうしても踊らずにはいられない!In My Armsのサビ?(Bettie Davis Eyesのサンプリングのとこ)でオーディエンスがみんな両手を挙げてて、眩しい光の中その手の草原みたいなのがもうすごい綺麗で泣きそうでした。

そんな感じで体力の限界に。もう立てないよー歩けないよー。
オアシスで500円が50円になった具のない味噌汁を飲みながら、レッドから聞こえてくる曲に耳を傾けぐったりしてました。


4時半、シャトルバスが動き出したのでフラフラになりながら帰路に就きました。

今年初めて宿ナシで行ったけど深夜のSUGIURUMNとMyloのおかげで限界超えて楽しめました。ありがとうフジロック。でも死ぬかも。

FUJI ROCK FESTIVAL’03

2003/07/26

越後湯沢の宿だったので苗場まで来るのにえらいこと時間かかってしまった。

雨があがってタイラーメンもうまい!


まず電撃ネットワークでウォーミングアップ。南部さん元気です。
その後はごはん食べたりビール飲んだりしてASIAN DUB FOUNDATION!
「Rise to the Challenge」でハジケまくりました。

ボードウォークで去年作ったフジロック部のボード発見!
(泥で読みにくくなっちゃってるけど)


ヘブンに着く頃にはオブジェが拡がってまさに天国へ続く道☆


ヘブンに着くとちょうど和太鼓集団Gocoo(ゴクウ)のライブが始まりました。
なんかもう太鼓の迫力に圧倒。すごいなー。血が騒ぐ感じ。
リーダーの淺野香さんの言った「私たちは、太古の時代から、こうして自然の中で祭りを続けてきたんだね」という言葉にぐっときてしまった。私がフジロックが好きでたまらないのは、そうゆう祭りの記憶が流れてるからなのか?

グリーンとホワイトの間にある「ところ天国」。
ここのカシスオレンジは生オレンジを搾って入れてくれるので
果肉も入ってベリーデリシャス♪


プライマルが終わる頃からまた雨が。長ーいインターバルの後は98年フジロックで観て以来のBjork!両耳に大きなブルーの花を付けて、白いもこもこドレスで登場。今回は生ストリングスに加えてハープもあります。

前半は静かめな曲、後半は踊れる曲が続きました。ステージのスクリーンに映像が映し出されたり、火柱があがったり演出もすごかった。でもやっぱり歌がすごい!完璧!ほんとプロの仕事というより歌うために存在しているというか。ダンスもカワイイ!

Hypaer-balladのサビ、♪I go through all this?の所でステージ両脇から花火が!そこからPlutoまで一気に踊りまくって、アンコール2回。2回目のアンコールでは蝶になって登場。蝶よ、蝶! Bjork羽ばたいてる!すごいよ、やっぱりビョークだよ!!「Thank you, DOMO ARIGATO」と笑顔も見せてくれました。ビヨークっていつも怒ってるイメージがあるから笑顔を見れるとほっとする。

最後の曲は私の大好きなHuman behaviour!
花火が涙で歪んで見えたよ。

3日目はすっこーんと晴天!後ろ髪引かれながら帰路に就きました。

Pages: 1 2 3 Next