Archive for the ‘国外’ Category

コペンハーゲン空港(カストラップ空港)

2004/09/23


デンマーク コペンハーゲン

“世界で一番美しい空港”コペンハーゲンエアポート。
設計はヴィルヘルム・ローリッツェン事務所。
空港には珍しく床材に木が使われて、トップライトからは優しい自然光が差し込んで、北欧の森を想像させます。

そして北欧の一流家具が贅沢に使われています。
ハンス・J・ウェグナーのエアポートチェア、ポール・ケアホルムのPK22、ナンナ・ディッツェルのトリニダードチェア、マグナス・オルセン社(ルッド・チューゲセン&ジョニー・ソーレンセン)のTWINソファ、パルトゥー等々…さながら椅子のショールーム。

家具も木を使った物が多いです。

Magnus Olesen社の Twin Sofa と Partout chair。


ポール・クリスチャンセン

曲線が美しいカートは
ポール・クリスチャンセンによるもの。


コペンハーゲン空港をコンセプトにしたコンピレーション・アルバム「Copenhagen Airport」。
非日常のドキドキ感や素敵な空間で過ごすくつろぎの時間が、エレクトロニカの心地良い音楽となってパッケージされています。


アルヴァ・アアルト自邸

2004/09/21

フィンランド ヘルシンキ

1955年に建てられたアアルトのアトリエ。
市街地からちょっと離れた閑静な高級住宅地にあります。
緑の中にぽっと現れる真っ白な建物です。


白木やレンガなど色々な素材が効果的に使われているのはさすが!
日本に影響を受けたというだけあって簾(すだれ)がかかっていて驚きました。ちょっと嬉しい。





アルヴァ・アアルトのアトリエ

2004/09/21

フィンランド ヘルシンキ

1955年に建てられたアアルトのアトリエ。
市街地からちょっと離れた閑静な高級住宅地にあります。
緑の中にぽっと現れる真っ白な建物です。


建物はコの字型で中庭があります。
中庭は野外シアターになっています。

フィンランディアホール

2004/09/21


フィンランド ヘルシンキ

ハカニエミ公園内にあるアルヴァ・アアルト設計のコンサートホール兼国際会議場。

外壁にはイタリア産の白い大理石が使われていたましたが、フィンランドの気候に合わず反って剥がれてしまって、張り替えられたそうです。

ぐるっと一周すると、次々と形を変える表情豊かな建物でした。

アカデミア書店

2004/09/20


フィンランド ヘルシンキ

アルヴァ・アアルト設計の大型書店です。
3階吹き抜けになっていて、3つの大きなトップライトからの優しい光に包まれています。
すごく気持ちいい空間でした。

2階にはカフェ・アアルトがあります。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 Next