Archive for the ‘国内’ Category

ARCHIBOX in JAPAN

2013/02/23

ARCHIBOX in JAPAN
神保町の建築専門書店、南洋堂が企画販売している日本近代建築トランプ。
セレクトは建築史家・倉方俊輔さん、イラストはbowlgraphicsのTOKUMAさんです。

1924年以前がダイヤ、1925―49年がクラブ、1950―74年がハート、1975年―がスペードとなっています。

ARCHIBOX in JAPAN

名護市役所もある!


行ったとこ並べてニヤニヤ眺めよう。

築地塀

2012/11/10

築地塀
谷中・観音寺の築地塀(ついじべい)。
瓦と土を交互に重ねた土塀に屋根瓦が葺いてあります。

築地塀
幕末の頃に作られたそうです。
赤穂浪士がどうとか…(歴史系苦手なのでなんとも

TOD’S 表参道ビル

2011/12/25

TOD'S表参道ビル

夜は木漏れ日のよう!
(まだ隣にビルがある頃)

隣のビルが解体されて全貌をあらわしたTOD’Sビル。
伊東豊雄の設計で、けやき並木のシルエットが展開されたファサードが印象的です。
ケヤキ部分は厚さ30cmのコンクリートで斜め柱構造として建物を支えています。中に柱はありません。
ガラスの収まり具合も美しいです。
免震構造で施工は竹中工務店。(ガラスブロックのメゾンエルメスも竹中だった)

Related Posts:

日光金谷ホテル

2011/08/08

金谷ホテル
1873年(明治6年)創業のクラシックホテル。木造3階建て。
木の温もりが優しくどこか懐かしい雰囲気でした。

金谷ホテル

レセプション


開業当初はこの吹き抜けの2階部分がエントランスでした。
つまり、地面を掘り下げて増築し現在の姿になったのです。ゴイスー!


金谷ホテル

ロビー


金谷ホテル

小食堂の柱


金谷ホテル

メインダイニングのウェイティングルーム?


3階の廊下


バーの暖炉


バーの暖炉はフランク・ロイド・ライトの設計とも言われているそうです。
確かに大谷石のモザイクっぽい感じは似てるけど…この建物自体、ライトの旧帝国ホテルを模した部分もあるからどうなんだろう〜?? でも本当だったら超貴重!

JR日光駅

2011/08/07

JR日光駅
1912年(大正元年)竣工。
ネオ・ルネッサンス様式による木造二階建て。
外観も室内も細部に至るまで素敵な「洋館」です。

JR日光駅

エントランス。見上げると「鳴き龍」が。



JR日光駅

天井の高いコンコース



JR日光駅

2階「ホワイトルーム(ギャラリー)」のシャンデリア



日光駅はJR東日本管内で現存する最も古い駅舎だそうです。
設計は外国人なのかな??

Related Posts:

Pages: 1 2 3 4 5 6 ... 9 Next